フレッシュフルーツ青汁 副作用

フレッシュフルーツ青汁って副作用があるの?

青汁には副作用があるってご存知ですか?

青汁は、普段野菜不足で健康な身体になるために飲むイメージがありますよね。

「青汁」で検索すると「青汁 副作用」と予測変換で出てきたりしますが、
青汁で副作用は起きないので安心してくださいね!

「副作用」と聞くとどんな恐い症状が起きるのだろう・・・と思いますが、
それぞれの体質で、青汁を飲むと少し違和感を感じてしまう人もいるみたいです。
(私は全然大丈夫でした笑)

■お腹が緩くなる■

青汁には、大麦若葉や明日葉など、たくさんの食物繊維が入っています。
便秘には食物繊維が必要と言いますよね!

食物繊維がたっぷり入っているので、ダイエットと同時に便秘の解消に繋がるのですが、
体質によっては食物繊維を急にたくさん摂取したら、身体が驚き、お腹を下してしまうことも
あるみたいです。

■便秘になる■

先程と正反対の症状で、「あれ?」と思うかもしれませんね。

食物繊維を急に摂りすぎると逆に便秘になる人もいます。

食物繊維は基本的に、摂取すると腸を刺激して便秘解消に役立ちます。
この食物繊維は、「水溶性食物繊維」「不溶性食物繊維」の2種類に分かれます。

名前の通り、水溶性食物繊維は「水に溶けやすい食物繊維」、
不溶性食物繊維は「水に溶けにくい食物繊維」です。


水溶性食物繊維
水溶性食物繊維の特徴は、糖の吸収を緩やかにし、急激に血糖が上がる事を防いでくれます。


主な食材は、
納豆、れもん、にんにく、ごぼう、海藻類、果物、いも類、野菜、豆類
などです。


不溶性食物繊維
不溶性食物繊維の特徴は、腸内で水分を吸収し、便のカサを増す働きがあります。
カサを増した便が、腸内を刺激し排便につながります。
なので、便秘解消になるんです。

主な食材は、
インゲン豆(茹でたもの)、おから、小豆、くり、エンドウ豆(茹でたもの)、
穀類、豆類、きのこ類、いも類、野菜などです。


この2つの、
不溶性食物繊維ばかりたくさん摂ると便秘になる可能性があると言われています。

食物繊維を摂る時は、2つの食物繊維のバランスが大切です。
最も良いとされている食物繊維のバランスは、
【水溶性食物繊維 :不溶性食物繊維=1:2】です。


便秘解消の為に、食物繊維を摂っているのに、
便秘が全然良くならない・・・という方は、
一度、水溶性の食物繊維をしっかり摂ってみると良いかもしれませんね☆

ですが、
普段の生活ではほとんどのひとが野菜不足になっているって知っていましたか?
野菜をよほど意識的に摂っていないと本当に難しい量です。

野菜不足になると、様々な身体の不調をきたしてしまうので、
手軽に野菜不足が補給できる青汁で、毎日の生活を健康にハッピーに過ごしましょう!

 

サイトマップ